スイカズラ

吸葛

双子葉、合弁花、 スイカズラ科、 スイカズラ属、つる性、半常緑、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
別名:ニンドウ(忍冬)、キンギンカ
茎が右旋回で長く伸び、若いときは軟毛や腺毛がある。 茎は褐色で細長いが、古くなると灰褐色になる。
葉は3〜7センチの長楕円形で対生し、表面には少数の毛、裏面には 多数の毛がある。
花は唇形で5裂し、葉腋に2個ずつつき、強い芳香がある。 上唇は先が4浅裂し、下唇は細長くてそりかえる。 色は白色から淡紅色、黄色と変化してゆく。
球形の液果が4つ並ぶことが多く、秋に黒く熟す。

唇形花が葉腋に2つずつつく。


蕾は淡緑色から白へ、花は白から黄色へと変色する。


(2/16/5/18)


葉は長楕円形。


葉は対生する。(2016/5/3)


若枝は毛深い。(2016/4/15)


果実は球形の液果で、2対(4個)並ぶことが多く、黒く熟す。


未熟な果実は濃緑色。


ツキヌキニンドウ は、筒形花を輪生させた花茎が葉を突き抜けているように見える。
この花はスイカズラとツキヌキニンドウを掛け合わせた園芸種か。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る