ロニセラ


双子葉、合弁花、 スイカズラ科、 スイカズラ属、つる性、半常緑、低木。 用語説明
花期:春〜秋 5月〜10月
別名:ハニーサックル
つるは3メートルぐらいにのびる。 耐寒性はあるが、寒冷地では冬に葉が落ちる。
葉は先の尖った楕円形で、対生する。
長さ3〜5センチの筒状の花が葉腋にペアとなってつく。 花冠は5裂して、上側の裂片が反り返り、 雄しべと花柱が突き出す。 花の外側は紅色で、内側は白い。 芳香がある。
丸い液果が赤く熟す。
花の形は ツキヌキニンドウ に似ているが、葉の合着が不十分で、 花茎が合着した葉を突き抜ける形とはなっていないいことも多い。 (ツキヌキニンドウはロニセラの原種とも見なされている。)
ロニセラは、つるがよくのび、 花の大きいハニーサックルという品種がよく植えられているが、 ニティダという匍匐性で花の目立たない品種もあり、 ニティダは刈り込みに強くて、グランドカバーとして使われる。

(2017/5/19)


筒状の花の外側は赤く、内側は白い。 (2017/5/19)


花は葉の基部に2つずつペアとなってつく。 (2017/5/19)


よく繁り、枝先に多数の花が群生するように見えるが、全部ペアとなっている。 (2017/5/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る