サトザクラ

里桜

双子葉、離弁花、 バラ科、 サクラ属、落葉、小高木。 用語説明
花期:春 4月
高さ:
オオシマザクラヤマザクラ などから人が交配して作り出した小高木の桜を 里桜と総称する。 八重咲きや枝垂れるものなど、多数の園芸種がある。
葉は互生する。葉の展開と同時に花の咲くものが多い。
理化学研究所で、重イオンビームを照射して作り出した園芸種 ニシナザオウは、花が緑色を帯びる。





花柄は長く、萼片は5枚ある。(2017/4/13)












チョウシュウヒザクラ。(2017/4/13)


ニシナザオウの花は緑色を帯びる。(2017/4/13)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る