リュウガン

竜眼(殻をむいた果実を竜の目に例えた)

双子葉、離弁花、 ムクロジ科、 ムクロジ属、常緑、広葉樹、小高木。 用語説明
花期:春 3月〜5月
高さ:5〜10メートル
幹は灰褐色で、老木はひび割れる。
葉は偶数羽状複葉で、小葉は大きな楕円形で、厚みがあり、 先が短く尖る。
枝先から円錐状に広がる花序に、 黄褐色の萼に包まれた小花が多数つく。 小花が開くと、短くて白い花弁と、 黄褐色の葯をつけた長い雄しべが現れる。
直径約2.5センチの茶褐色で丸い果実を総状に多数つける。 殻の中に白いゼリー状の果肉に包まれて、 黒くて丸く、光沢のある種子がある。
果肉は食用となる。
東南アジア、中国南部原産。

(2018/10/20)


葉は偶数羽状複葉。 (2018/10/20)


小葉は大きな楕円形で、先が短く尖る。 (2018/10/20)


樹皮は灰褐色。 (2018/10/20)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る