ニワウメ

庭梅

双子葉、離弁花、 バラ科、 サクラ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:1〜2メートル
別名:リンショウバイ、コウメ (スノキの別名でもある。) ハネズ(古名)
地下茎がのびて、株のまわりに新しい芽を出し、 株立ち状になる。(株分けが容易。) 樹皮は灰褐色。 枝はたわみやすい。 若枝は赤みを帯びる。
葉は長さ4〜6センチの長楕円形で、細かい重鋸歯があり、 葉先が尾状にとがり、互生する。 葉裏は淡緑色で、脈上にわずかに毛がある。 線形の托葉がある。
葉の展開と同時に、前年枝に淡紅色の花が穂状に並んで咲く。 花柄は短く、花弁は5枚あり、花茎は1.3センチと小さい。 白い花もある。 雄しべは多数あるが、雌しべは1本である。 花弁は ウメ のようには重なり合わないことが多い。
直径約1センチの丸い核果ができ、 先に花柱が突起として残る。 6月〜7月に濃紅色に熟し、表面にはつやがある。 食べることができるが、少し酸っぱい。
秋に当年枝の葉腋に翌年用の花芽が作られる。
中国原産。

花弁はやや細くて、重なり合わないことが多い。(2017/4/2)


花は前年枝に密に並ぶ。 (2017/4/2)


(2017/4/2)


葉は長楕円形で細かい重鋸歯があり、先が尾状にとがる。托葉は線形。(2017/6/29)


丸くて先に突起のある核果が濃紅色に熟す。 (2017/6/29)


若枝は赤い。 (2017/6/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る