スノキ

酢の木

双子葉、合弁花、 ツツジ科、 スノキ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:1〜2メートル
枝は互生状によく分枝し、若枝は水平方向にのびる。 樹皮は灰褐色、若枝は淡褐色。
葉は互生し、1〜3.5センチの倒卵形で内側に曲がる細鋸歯があり、 裏面に光沢がある。
前年枝の葉腋から出る短い総状花序に、緑白色または 紅色を帯びた鐘形の花を数個下向きにつける。 花冠は5浅裂し、裂片の先が上へ反り返る。 萼片は三角形で縁に腺毛がある。
7〜9ミリの緑色で球形の液果がなり、 晩夏に黒紫色に熟す。 食べることもできて、甘酸っぱい。



葉は倒卵形で、樹皮は灰褐色。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る