モミジバフウ

紅葉葉楓

双子葉、離弁花、 マンサク科、 フウ属、落葉、高木。 用語説明
花期:春 4月
高さ:20メートル
別名:アメリカフウ
樹皮は灰色〜黒褐色で縦に裂けめが入る。 若枝にコルク質が翼状に張り出す。
葉は14〜22センチで掌状に5中裂し、5本の葉脈が目立つ。 カエデのように対生はせず、長枝には互生し、短枝には束生する。 葉柄は4〜12センチと長い。 秋に紅葉する。
雌雄同株で、 葉の展開と同時に葉腋に淡緑色の頭状花序が開花し、 雄花序は淡褐色で総状に集まってつき、 雌花序は球形で1つ垂れ下がる。花には花弁がなく、葯が赤い。
朔果が多数集まった直径3センチの球形の集合果実ができ、花柱が棘のように 突き出る。個々の刮ハは6〜8ミリの長楕円形で、翼がある。

識別点: フウモミジバフウ
 フウ    :葉が3裂、樹皮黒褐色。
 モミジバフウ:葉が5裂、樹皮灰褐色、若枝にコルク質の稜。





葉は短枝には束生し、掌状に5裂する。


幹は灰色〜黒褐色で、縦にひび割れる。


高木となる。(2016/11/26)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る