メギ

目木

双子葉、離弁花、 メギ科、 メギ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 4月
高さ:2メートル
別名:コトリトマラズ
よく分枝して、 樹形は平たい球形となる。 樹皮は灰色で、縦にひびが入る。 枝には稜があり、各節に葉の変形した鋭い棘が数個ある。
葉は短枝に集まって互生し、1〜5センチの倒卵形で、 基部は次第に細くなって葉柄のようになり、薄い。 裏面は白色を帯びる。
春に黄色〜黄緑色の花が短枝の先から数個垂れ下がる。 花弁と萼片は6枚ずつあり、萼片は花弁と同じ大きさなので、花弁が12枚 あるように見える。
果実は7〜10ミリの楕円形の液果で、秋に赤く熟すが、食べられない。
材はベルベリンを含み黄色い。寄木細工などに使われる。

識別点: メギホソバテンジクメギ
 メギ       :落葉、葉は倒卵形、果実は赤熟。
 ホソバテンジクメギ:常緑、葉は披針形、果実は黒熟。



花は黄色い。(2016/4/15)


6枚の花弁と6枚の萼片がある。(2016/4/15)


節に鋭い棘がある。







花後


葉は全縁の倒卵形で、基部は次第に細くなる。(2015/5/6)


(2017/4/22)


楕円形の液果が赤く熟してゆく。


(2016/11/26)


Photo by H. O. (2007/11/15)


樹皮は灰白色。枝は密に茂る。


秋に落葉する。(2016/11/26)


新緑。(2017/3/30)


アカバメギ。葉が赤くて、枝には稜がある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る