クサボケ

草木瓜

双子葉、離弁花、 バラ科、 ボケ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:30〜100センチ
別名:シドミ、ジナシ
幹は灰褐色で、地を這うか斜上し、小枝は棘になる。
葉は2〜5センチの倒卵形で先が丸く、鈍鋸歯がある。 長枝では互生するが、短枝では輪状につく。托葉は腎臓形。
春に葉腋に朱赤色の5弁花を2〜5個づつつける。
秋に3〜4センチのゆがんだ球形の黄色い梨状果をつける。

識別点: ボケクサボケ
 ボケ  :高さ2メートル、花は赤または白、果実は5〜10センチ。
 クサボケ:高さ0.5〜1メートル、花は朱赤、果実は3〜4センチ。



花は朱赤色が多い。(2016/4/15)


葉は倒卵形で先が丸く、 長枝では互生するが、短枝では輪状につく。


棘のある小枝がある。


葉には鈍い鋸歯がある。


枝はよく茂るが、高さ1メートル程度にとどまる。(2015/5/6)


(2015/9/29)




梨状果は直径3〜4センチ。Photo by H. O. (2000/9/8)


樹皮は灰褐色。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る