ボケ

木瓜

双子葉、離弁花、 バラ科、 ボケ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:2メートル
別名:カラボケ
幹は褐色でなめらかであり、枝はよく分枝し、短枝が棘となって残る。
葉は4〜8センチの楕円形で鋸歯があり、先がとがる。 短枝では束生、長枝では互生して、托葉を持つ。
葉の展開前に短枝の脇に赤い5弁花を数個咲かせる。 花びらは先が丸い。 同じ株に紅色や白い花が咲くこともある。
夏に5〜10センチの黄色い大きな梨状の実をつける。

識別点: ボケクサボケ
 ボケ  :高さ2メートル、花は赤または白、果実は5〜10センチ。
 クサボケ:高さ0.5〜1メートル、花は朱赤、果実は3〜4センチ。

花色は赤が多い。(2007/3/6)


葉は楕円形で鋸歯がある。


短枝では葉が束生する。(2016/4/15)


長枝では葉が互生する。葉の基部に丸い托葉が2枚ある。(2016/4/15)


花色に白が混じることもある。


花は短枝脇に数個つく。樹皮は滑らか。


(2015/11/15)


小枝に棘がある。


直径5〜10センチの大きな梨状果ができることがある。


(2016/7/28)


(2017/6/6)


樹皮は灰褐色。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る