クマノミズキ

熊野水木

双子葉、離弁花、 ミズキ科、 ミズキ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:8〜12メートル
幹は直立し、枝は放射状に斜上する。樹皮は灰黒緑色で、 縦の浅い筋がある。 若枝は緑色または赤褐色で、稜がある。
葉は枝先に集まって対生する。 葉身は6〜15センチの卵状長楕円形で、先端は尾状にとがり、 全縁で、両面に白く短い伏毛がある。
枝先の散房花序に小さい黄白色の4弁花をつける。
果実は直径約5ミリの球形の核果で、黒紫色に熟す。

識別点: ミズキクマノミズキ
 ミズキ   :葉は広卵形で互生し、5月に開花し、核果が暗赤色に熟す。
 クマノミズキ:葉は卵状長楕円形で対生し、6月に開花し、核果が黒紫色に熟す。



花期はミズキより約1ヶ月遅い。(2015/6/13)




葉は枝先に対生する。




葉は卵状長楕円形で葉脈が明瞭。(2008/11/14)


花後に花序枝が赤くなる。


丸い核果が黒紫色に熟す。


(2015/9/19)


枝が折れると樹液があふれ出す。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る