ハナセンナ

花旃那

双子葉、離弁花、 マメ科、 センナ属、落葉(原産地では常緑)、低木。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:1〜3メートル
直立してから分枝し、枝が勢いよくのびる。 若枝は緑路であるが、幹は褐色となる。
長さ約50センチの大きな偶数羽状複葉が互生し、 小葉は長さ約15センチの楕円形で約10対あり、葉脈が明瞭である。
枝先や葉腋から50〜70センチの総状花序を直立させ、 黄褐色の蕾を密集させてつけ、 鮮黄色で5弁の花を下から上へと咲かせる。
長さ10〜20センチの豆果ができ、黒褐色で、両側に翼のような突起がある。 豆果の中には種子(豆)が数十個入っている。
葉を生薬や香料、お茶などとして利用する。
よく似ているアンデスノオトメは、小葉が狭楕円形で長さ3〜5センチで、 ずっと小さい。
熱帯アメリカ原産。

葉は偶数羽状複葉で、若枝は緑色。(2016/10/15)


小葉は楕円形で先が少しへこみ、葉脈が裏に隆起する。(2016/10/15)


小葉は長さ約15センチと大きい。(2016/10/15)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る