チェッカーベリー


双子葉、合弁花、 ツツジ科、 シラタマノキ属、常緑、小低木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:10〜20センチ
別名:オオミコウジ、ヒメコウジ
半日陰でも育つ。 耐寒性があり、地下茎がのびて地を覆い、 赤い実もつくので、庭での利用価値が高い。
葉は尖った楕円形で、低い鋸歯があり、互生する。 若い茎や葉柄は赤みを帯びる。
夏に葉腋に白い釣鐘形の花を下向きに咲かせる。 (ドウダンツツジアセビ の花に似ている。)
直径1センチぐらいの液果ができ、その先は5裂する。 秋から冬にかけて、赤く熟す。 直径1.5センチぐらいの大きい実のできる品種もある。

(2018/6/19)


釣鐘形の花に萼片が5枚はりついている。葉には厚みがある。 (2018/6/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る