アサガラ

麻殻

双子葉、合弁花、 エゴノキ科、 アサガラ属、落葉、中高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:6〜10メートルぐらい
幹は直立し、樹皮は灰褐色で、縦に浅く裂ける。 枝は折れやすい。
葉は広楕円形〜倒卵形で先が短くとがり、浅い鋸歯があって 葉柄があり、互生する。 裏面は淡緑色である。
枝先に複総状花序を出し、約1センチの白い花を多数下向きに下げる。 花冠は5深裂し、10本ある雄しべは花冠より長い。
果実は倒卵形の刮ハで、5稜があって、先に花柱が残る。
材は均質で柔らかく、マッチの軸などに利用される。

識別点: アサガラアメリカアサガラ
 アサガラ    :花冠5深裂、雄しべは花冠より長い。
 アメリカアサガラ:花冠4裂し釣鐘状、雄しべは花冠より短い。



樹皮は灰褐色で、縦に浅く裂ける。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る