ヤマフジ

山藤

双子葉、離弁花、 マメ科、 フジ属、落葉、つる性、木本。 用語説明
花期:春 5月
つるをのばして他の植物に(上から見て)右巻きに巻き付く ( フジ は左巻き)。 樹皮は灰褐色で、古枝はザラザラする。
奇数羽状複葉で互生し、小葉は4〜7センチの長楕円形で全縁である。
枝先から10〜20センチの総状の総状花序が垂れ下がり(フジより短い)、 薄紫色の蝶形花が多数咲く。 花は一房全部がほぼ一斉に咲く(フジは基部から先へと咲く)。
花の白いのをシロバナヤマフジという。
豆果は長さ15〜20センチで短毛が密生し、秋に熟し、 縦に2裂してねじれ、 1.3センチほどの円形で黒紫色の種子が飛び出す。
日本固有種。

識別点: フジヤマフジナツフジ
 フジ  :つる左巻、花期5月、花序20〜100センチ、花紫色、小葉5〜9対、葉裏に毛少ない。
 ヤマフジ:つる右巻、花期5月、花序10〜20センチ、花紫色や白、小葉4〜6対、葉裏に毛密生。
 ナツフジ:つる左巻、花期7月、花序10〜20センチ、花淡黄白色、小葉4〜8対、葉はほぼ無毛。

フジより花総が短い。これは花の白いシロバナヤマフジ。


薄紫色の花が多い。(2015/5/10)


葉は奇数羽状複葉で、小葉は尖った楕円形で全縁。(2016/4/29)


これも花の白いシロバナヤマフジ。


シロバナヤマフジ


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る