センニンソウ

仙人草

双子葉、離弁花、 キンポウゲ科、 センニンソウ属、夏緑、つる性、半低木。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
曲がりくねる葉柄で木や草にからみつく。
葉は対生し、3〜7個の小葉からなる羽状複葉で、小葉は厚くて少し光沢があり、 全縁の卵形で、先が少しとがる。
葉腋から円錐花序を出して2〜3センチの白い花を上向きに多数咲かせる。 花弁のように見えるのは萼片で、4枚が十字形に開き、 多数の雄しべがよく目立つ。
そう果は扁平な卵形で、先に白い羽毛状になった花柱が残ってついている。
近縁種のタチセンニンソウは、花弁状萼片が6枚、葉柄で絡まない、 などの違いがある。

識別点: ボタンヅルコボタンヅルセンニンソウ
 ボタンヅル :1回3出複葉、小葉は3.5〜7センチの広卵形で鋸歯、そう果に開出毛。
 コボタンヅル:2回3出複葉、小葉は2〜4センチの狭卵形で鋸歯、そう果は無毛。
 センニンソウ:3〜7出複葉、小葉は卵形で全縁、そう果に羽毛。




白い雄しべが長くのびる。(2016/7/27)






羽状複葉の小葉は卵形で3〜7個あり、先が少し尖る。(2015/6/1)






未熟な実。


(2016/11/9)


熟した実には白くて長い毛がある


タチセンニンソウ。葉柄で絡まない。(2016/4/29)


タチセンニンソウ。葉は羽状複葉。(2016/4/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る