シマスズメノヒエ

島雀の稗

単子葉、 イネ科、 スズメノヒエ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:40〜80センチ
スズメノヒエ とよく似ているが、花序枝に小穂が3〜4列に並ぶ点などが異なる。
株立ちし、茎は細くてかたく、葉は無毛である。
花茎は斜上し、先端近くから間隔をあけながら枝を3〜5本出し、 その枝の下に小穂を3〜4列に密生させる。 小穂は先がとがり、ふちに毛がある。 芒はない。
北米原産。

識別点: スズメノヒエシマスズメノヒエナルコビエ
 スズメノヒエ  :茎と葉に軟毛、小穂は扁平で2列に並び、無毛。
 シマスズメノヒエ:茎と葉は無毛、小穂は3〜4列に並び、先がとがり縁に毛。
 ナルコビエエ  :茎と葉に微毛、小穂は長卵形で2列に並び基部に白い付属物、柄と花序枝に毛。



小穂は枝の下側に4列に並ぶ。(2012/9/26)


小穂に毛がある。(2012/9/26)


葯は黒紫色。


(2015/7/11)


(2010/7/19)


(2010/7/10)


(2010/9/18)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る