シバ



単子葉、 イネ科、 シバ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:10〜20センチ
園芸分野ではノシバと言われる。
茎は地表をはって分枝し、節からひげ根を出してひろがる。
葉は長さ2〜10センチ、幅3〜4ミリの線形で、すこしかたい。
地を這う茎の節から 長さ3〜5センチの細長い円柱状の花序が直立し、 黒褐色〜赤紫色の小穂を密集してつける。 雌性先熟で、白い柱頭の出る雌性期のあとに、 淡紅紫色の葯の出る雄性期がくる。 芒はない。
冬には葉が枯れる。 コウライシバ(高麗芝)は、葉が細くて管状になっており、 踏みつけに強く、塩害にも強い。

識別点: シバコウライシバ
 シバ    :葉は幅3〜4ミリの線形、寒さに強い、冬地上部枯れる。
 コウライシバ:葉は細長くて管状に巻く、寒さにやや弱いが暖地では冬休眠期間短い。
 セイヨウシバ:葉は線形、寒さに強い、暑さと乾燥に弱い、冬休眠するが寒冷地でも冬緑。



花序は太い針のような形で黒褐色〜赤紫色を帯びる。(2015/5/16)


雌性期には、小穂から白い柱頭が出る。


雄性期には、淡紅紫色の葯が出る。


コウライシバ。踏みつけに強いのでゴルフ場やサッカー場などに使われる。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る