オオムギ

大麦

単子葉、 イネ科、 オオムギ属、1年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:1メートルぐらい
秋に種まきし、冬を若芽で過ごす。
葉は線形で直立し、互生する。
春に茎の先から穂を出して、 (六条種では)3つの小穂が等角度で並び、上から見ると6角形に 種が並ぶ(二条種では小穂が2つで扁平になる)。
芒(穎の先につく棘状の毛)が長い。6月ごろ成熟し、穂が茶色になる。 実っても穂が垂れない。
グルテンが少なくて粘りが少ないので、パンなどには向かず、 挽き割りムギや酒類、味噌、醤油などの原料として使われることが多い。

識別点:( コムギオオムギハダカムギ
 コムギ  :穂を上から見ると種子が4角形に並ぶ、芒は長くない。
 オオムギ :穂を上から見ると種子が6角形に並ぶ、芒が長い、もむだけでは皮がとれない。
 ハダカムギ:穂を上から見ると種子が6角形に並ぶ、芒が長い、もむだけで皮がとれる。





(2015/5/6)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る