ネズミムギ

鼠麦

単子葉、 イネ科、 ドクムギ属、1〜2年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:0.8〜1メートル
根元で枝分かれして束生する。
葉は15〜35センチの線形で葉耳があり、茎の節から出る。
花序は15〜25センチの穂状で、柄のない緑色の小穂を交互に15〜25個つける。
小穂は長さ12〜25ミリの扁平な長楕円形で、10〜20個の小花が2列に並び、 外花穎の先には長さ1センチぐらいの芒がある。 (よく似た ホソムギ には芒がほとんどない。)
ネズミムギとホソムギの雑種として、ホソネズミムギ(ネズミホソムギ)がある。
ユーラシア原産である。

識別点: ネズミムギホソムギ
 ネズミムギ:1〜2年草、葉幅3〜8ミリ、葉耳明瞭、芒は約1センチ、小花10〜20個。
 ホソムギ :多年草、葉幅2〜4ミリ、葉耳不明瞭、芒は無または微、小花6〜14個。





芒がある。(2015/5/16)


葯は淡黄色。


(2017/5/18)




群生する。


芒が少ししかないが小花が多い(のでホソネズミムギ?)。(2015/5/16)


芒はあるが小花が少ないのでネズミホソムギか。(2015/5/16)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る