メヒシバ

雌日芝

単子葉、 イネ科、 メヒシバ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜11月
高さ:30〜90センチ
茎は細く、下部は地面で分枝して節から根を出し、上部は立ち上がる。
葉は長さ8〜20センチ、幅0.5〜1.5センチの広線形で、柔らかく、つやがない。 葉鞘の端には長い毛がある。
傘の骨を逆さにしたような花序を作り、その3〜8本の小柄の各々の片側に 淡緑色または紫色を帯びた小穂が2列に並ぶ。 小柄は縁に細かい鋸歯があってざらつく。 芒はない。

識別点: メヒシバコメヒシバ
 メヒシバ :葉は8〜20センチ、花序の小柄は3〜8本でざらつく。
 コメヒシバ:葉は4〜7センチ、花序の小柄は2〜4本でざらつかない。



花序枝が放射状に出る。


(2015/8/8)


花の咲き始め。(2016/9/17)


(2015/10/3)


花序枝が波打っている奇形。


茎は四方に分枝して根を下ろしたのち立ち上がる。


密に群生する。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る