コメヒシバ

小雌日芝

単子葉、 イネ科、 メヒシバ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:10〜30センチ
茎の下部は地面で分枝して節から根を出し、上部は立ち上がる。
葉は長さ4〜7センチ、幅0.4〜1センチの広線形で無毛であり、 メヒシバより緑が濃く、縁には細かいしわがある。
花茎から2〜4本の柄を出し、その柄の各々に小穂をつける。 葯は赤い。花序の柄はざらつかない。 芒はない。

識別点: メヒシバコメヒシバ
 メヒシバ :葉は8〜20センチ、花序の小柄は3〜8本でざらつく。
 コメヒシバ:葉は4〜7センチ、花序の小柄は2〜4本でざらつかない。



花序の枝は2〜4本しかない。(2016/9/17)


(2015/10/22)




単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る