コジュズスゲ

小数珠菅

単子葉、 カヤツリグサ科、 スゲ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月
高さ:30〜60センチ
根茎で湿地に群落を作る。 茎は丸みのある3稜形で、叢生する。
葉は幅2〜10ミリの線形で互生し、粉白色をおび、やわらかく、 基部は葉鞘となる。
小穂は3〜4個が花茎に間隔をおいて互生し、柄は殆どなく、 直下に葉のような苞がある。 頂小穂は雄性で、長さ1.5センチぐらいの線形で、白緑色である。 側小穂は雌性で、緑色をした1〜1.5センチの長楕円形で、10個ぐらいの 果胞があまり密着しないで並ぶ。
果胞は5〜7ミリの黄緑色の長卵形で、鱗片より長く、先がとがる。 そう果は倒卵形で突起がある。

識別点: コジュズスゲマスクサ
 コジュズスゲ:雄小穂は線形で茎先につき、雌小穂は側小穂で1〜1.5センチ。
 マスクサ  :雄小穂は小さくて雌小穂(0.5〜1センチ)の基部につく。

頂小穂は雄性で線形、側小穂は雌性で長楕円形で苞がある。


直立している頂小穂は雄性、側小穂は雌性。(2016/7/13)




(2016/5/7)


茎は叢生する。




単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る