カモノハシ

鴨の嘴

単子葉、 イネ科、 カモノハシ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜11月
高さ:30〜70センチ
海岸近くに生えることが多い。 茎は細く、叢生する。
葉は長さ15〜30センチの線形で、幅は0.5〜1センチ。
小穂は柄のあるものとないものが対になっており、 それらの対が穂に密着して並ぶ。 小穂は広披針形で芒はない。
よく似た ケカモノハシ は、葉の両面に毛があり、茎がやや太く、葉も少し広く、 長い芒がある、などの点で異なる。

識別点: アシボソヒメアシボソカモノハシ
 アシボソ  :葉は披針形で、花序枝が1〜3本、小穂に芒あり。
 ヒメアシボソ:葉は披針形で、花序枝が1〜3本、小穂に芒なし。
 カモノハシ :葉は線形で、花序に枝は出ず、小穂に芒なし。

小穂の対が穂に密着して並ぶ。(2015/10/27)


2本の花序枝が背中合わせに密着して、1本の穂のように見える。乾くと小穂が反り返る。(2016/5/7)


茎は細く、少し横ばいして立上る形で、叢生する。(2016/5/7)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る