ヒエ



単子葉、 イネ科、 ヒエ属、1年草。 用語説明
花期:夏
高さ:1〜1.5メートル
東アジアや日本などで イヌビエ から作られた栽培種とされている。 畑でも水田でも育つ。
根はよく張り、ぶんけつして茎が直立する。
葉は長さ約30センチの線形で互生し、両面とも無毛である。 イネ とよく似ているが、イネにくらべ、葉耳に毛がない、 葉舌がないなどの違いがある。
茎先から出る花穂から短い花序枝を円柱状〜円錐状に出し、 緑色の花をつけ、 灰褐色〜紫褐色で上下が少しとがった楕円形の穎果を実らせる。 芒はほとんどない。
米に比べて冷害などに強く、山間部でもできるとか、 タンパク質や脂肪、 ミネラルなどの栄養バランスに良い点があるなどの長所もあり、 以前は主要な穀物(五穀)の1つであったが、 食べられるようにするまでに手間がかかり、 食感も良くないので、雑穀米に混ぜるとか、 家畜や小鳥のえさにするなどの利用にとどまるようになった。
穂が出ないうちはイネとよく似ており、 イネより早く穂が出て稲刈り前に種が落ちてしまうので、 水田雑草としては非常に除去しにくい。

(2016/9/17)


(2016/9/17)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る