モウソウチク

孟宗竹

単子葉、 イネ科、 マダケ属。 用語説明
高さ:12メートル
地下茎で殖える。花は滅多に咲かない。
棹は直径20センチぐらいになり、節間は20〜25センチで、上部の節から 太さの違う枝を2本ずつ出し、先がさらに分枝する。若い棹は粉白色を帯びる。
枝の出る節の隆起は2輪、枝の出ない節の隆起は1輪である。
葉は長さ6〜10センチの披針形で小枝の先に2〜8枚互生し、裏面の基部に細毛がある。

識別点 モウソウチクマダケ
 モウソウチク:棹は直径約20センチ、節間20〜25センチ、
     節の隆起は枝の出るのは2輪、でないのは1輪、若い棹は粉白色。
 マダケ:棹は直径約15センチ、節間30〜40センチ、
     節の隆起はすべて2輪、1年目の棹は鮮緑色。

枝の出ない節の輪は1輪。


タケノコは直径20センチ以上になることもある。(2016/4/16)




枝の出る節の輪は2輪。


(2015/2/19)


多数の小枝に分かれて行き、その先に披針形の葉が数枚ずつつく。 (2015/1/27)


竹林では葉が鬱蒼と茂り、他の植物は生えにくい。


枝は2本ずつ出る。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る