マダケ

真竹

単子葉、 イネ科、 マダケ属。 用語説明
高さ:10メートル
地下茎で殖える。花は滅多に咲かない。
棹はモウソウチクより細いが、節間は30〜40センチと長く、上部の節から 太さの違う枝を2本ずつ出し、先がさらに分枝する。 節の隆起はすべて2輪である。
葉は小枝の先に互生し、長さ10〜12センチの披針形で、葉耳があり、 肩毛が放射状に出る。
竹の子は5〜6月に出る。竹の皮は表に黒い斑点があるが、 裏側は無毛で滑らかである。

識別点 モウソウチクマダケ
 モウソウチク:棹は直径約20センチ、節間20〜25センチ、
     節の隆起は枝の出るのは2輪、でないのは1輪、若い棹は粉白色。
 マダケ:棹は直径約15センチ、節間30〜40センチ、
     節の隆起はすべて2輪、1年目の棹は鮮緑色。

棹はやや細く、節間が長い。(2015/7/7)


節の隆起はすべて2輪。(2010/2/20)


節からは枝が2本出る。(2015/7/7)


細い枝が分岐しながら長くのびることもある。(2015/10/3)


(2016/3/5)


地下茎で竹藪をつくる。(2010/1/30)


根。節ごとにひげ根が輪生する。(2009/1/18)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る