ヤマブキショウマ

山吹升麻

双子葉、離弁花、 バラ科、 ヤマブキショウマ属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:30〜90センチ
葉は2回3出複葉で、小葉は先のとがった5〜10センチの 卵形で、重鋸歯がある。 明確な側脈が平行してのびる。 秋に紅葉する。
雌雄異株で、 茎先に直立する円錐花序に白い小さい花が密集してつき、 5弁で萼も5裂する。
果実は約3ミリの長楕円形の袋果で、3つずつまとまって下向きにつく。
似た所のある サラシナショウマ などは、キンポウゲ科であり、全く異なる植物である。

(2018/5/24)


円錐花序が高くのびて、白い花が多数咲く。 (2018/5/24)


葉はヤマブキの葉に似ている。 (2018/5/24)


重鋸歯がある。 (2010/4/29)


花序枝に白い花が密生する。 (2018/5/24)


雄しべが長く突き出る。花弁は白い。 (2018/5/24)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る