ウスバサイシン

薄葉細辛

双子葉、離弁花、 ウマノスズグサ科、 カンアオイ属、夏緑、多年草。 用語説明
花期:春 3月〜5月
高さ:10〜20センチ
渓流沿いや林下などに生える。
全体に精油があり、根には強い芳香があり、噛むと辛い。 太い根茎から細くて長い根が多数出る。 (細い根が辛いので細辛という。)
茎は地を這い、その先から長い柄のある葉を2枚出す。
葉は尖った円心形で薄く、葉脈に毛がある。
2本の葉柄の間から出る短い花柄の先に、 直径約1.5センチで淡褐色〜紫褐色の花をつける。 萼筒は偏球形で外側に縦筋があり、 縁に3角状広卵形の裂片が3個平開する。 花弁は退化していて見えない。
花が終わってしばらくするとそれが崩れて、 米粒に白い種枕がついたような形の(種枕つき)種子が現れる。 種枕はアリが好むのでそれを運んでゆくが、 種枕以外の本当の種子の部分は捨てられる。 捨てられた種子からはすぐには芽が出ず、 地中で胚が肥大してから発芽する。
根が生薬として利用できるようになるには、5年ぐらいかかる。
メギフチョウの食草となっている。
近縁種に ウスゲサイシン と呼ばれる植物もある。ウスバサイシンの変種らしく、 薄い毛があるのではないかと思われるが、区別は定かでない。

2本の葉柄の間から短い花柄が出て、壺形の花が咲く。 (2017/3/30)


花は淡褐色〜紫褐色。 (2017/3/30)


葉は尖った円心形。 (2017/3/30)


花には縦筋がある。 (2017/3/30)


花冠は3裂する。 (2017/3/30)


葉は根生し、葉柄が長い。 (2017/5/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る