ツボスミレ

坪菫

双子葉、離弁花、 スミレ科、 スミレ属、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:5〜20センチ
別名:ニョイスミレ(如意菫)

特徴要約(他のスミレとの比較については スミレ科一覧参照):
   地上茎:有、花色:白、葉:偏心形、距:半球、托葉:披針形、花柱:頭状。

地上茎があるが、柔らかく、倒れやすい。 茎も葉も無毛である。
葉ははじめ根生するが、茎がのびると茎に互生する。 葉身は幅2〜3.5センチの偏心形で、基部は深く湾入しており、 浅い鋸歯があり、裏面は紫色を帯び、柔らかい。 托葉は披針形で全縁である。
花柄は立ち上がり、葉より少し上に小さくて白い5弁花をつける。 上弁2個、側弁2個、唇弁1個があり、 下にのびる唇弁には紫色のやや網目がかった筋模様がある。 距は長さ2〜3ミリしかなく、半球形である。
刮ハは細長く、熟すと3裂し、黒くて丸い種子が出る。
タチツボスミレ にくらべ、花が小さくて白く、距が半球形であり、 花柱の先がふくらむ点や、刮ハが細い点などが異なる。



唇弁に紫色の網目模様がある。


2枚の上弁が虫が羽を広げたように反り返る。(2016/4/16)


距は短くて球形に近く、葉の裏面は紫色を帯びる


葉は偏心形で基部は深く湾入する。


托葉は披針形で全縁。(2016/4/16)


かなり大きい托葉もある。(2016/4/16)


葉の基部が左右にラッパ状に丸まることがある。






花後に茎がのびて葉が互生する。


茎は赤みを帯びる。(2016/4/16)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る