トチバニンジン

栃葉人参

双子葉、離弁花、 ウコギ科、 トチバニンジン属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:50〜80センチ
別名:チクセツニンジン
根茎が横ばいし、毎年1節ずつ増えて、竹の根のようになる。
茎は根茎の先から直立する。
茎先に葉柄の長い掌状複葉が3〜5個輪生する。 小葉は5枚あり、先の長くとがる楕円形で、鋸歯がある。
複葉の輪生する中心部から花茎が直立し、 その先に丸い散形花序をつけ、 淡黄緑色の小さい花を多数咲かせる。 花弁は5枚、雄しべは5本、花柱は2本ある。
丸い液果が赤く熟す。 液果の頂部分が黒いのはソウシシヨウニンジン(想思子様人参) と呼ばれる。
地上部は オタネニンジン (チョウセンニンジン)とよく似ている。 根茎は苦みが強く、生薬として使われる。

(2015/7/2)


茎先に掌状複葉が輪生する。(2016/5/5)


茎先からのびる花茎の先に丸い散形花序がつく。(2016/7/27)


掌状複葉の小葉は5枚あり、先のとがった楕円形で、鋸歯がある。(2016/7/28)



果実(2015/7/2)


(2015/7/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る