オタネニンジン

御種人参

双子葉、離弁花、 ウコギ科、 トチバニンジン属、多年草。 用語説明
花期:初夏 月〜月
高さ:40センチ
別名:コウライニンジン、チョウセンニンジン、ヤクヨウニンジン
寒冷な山の木漏れ日のあるような所で育つ。 直射日光と高温多湿、雨滴を嫌う。
はじめは3小葉による掌状複葉が出るが、 成長すると、直立する茎先に5小葉による掌状複葉が輪生する。 小葉は先の尖った倒卵形で、細かい鋸歯がある。
植えかえて3〜4年すると、掌状複葉の基部から花径が立ち上がり、 その先の散形花序に淡黄緑色の小さい花が多数咲く。 花弁は小さくてよく見えないが、5枚ある。
7月〜8月には、球が2つ合体したような、 楕円状の赤い液果が多数でき、 その中に丸い白い種子が2つ含まれる。
移植して5〜6年すると根茎が太くなり、 先が枝分かれしてひげ根も多数出る。 それを掘って水洗いし、天日でよく乾燥させると、 生薬として使える白い白参(ハクジン)となる。
江戸時代に幕府の御薬園で栽培に成功し、 できた種子をもとに何か所かで栽培するようになったので、 御種人参と言われるようになった。
原産地は中国東北部や朝鮮。



赤い液果ができる。(2016/7/28)


5小葉からなる掌状複葉が輪生する。(2016/8/5)


小葉は尖った楕円形で、鋸歯があり、頂小葉は大きく、基部の小葉は小さい。(2016/5/5)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る