タデ



双子葉、離弁花、 タデ科、 イヌタデ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:0.3〜1メートル
イヌタデ属の中のサナエタデ節の植物の総称で、 ヤナギタデ などを含み、葉は披針形で花序が穂状のものが多い。
香りと辛味があり、香辛料として使われる。
辛味の強い野生の紅タデ、辛味の弱い栽培種の青タデなどがある。

ヤナギタデ。(2015/7/2)


ムラサキタデは茎が赤紫色。(2016/7/27)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る