シュウブンソウ

秋分草

双子葉、合弁花、 キク科、 シオン属、筒状花と舌状花をもつ。多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:0.5〜1メートル
西南日本の山地の林床や林縁などに生える。
茎は直立してから4本ぐらいの枝を横に長く伸ばす。
根生葉はへら形で、縁が少し波打つ。 茎葉は互生し、長さ7〜15センチの楕円状披針形で、先が尖り、 上半部に波状の浅鋸歯があり、両面に短い剛毛がある。
秋分の頃、 葉腋に短い柄のついた黄緑色で直径約5ミリの頭花をつける。 中央部に両性で黄緑色の筒状花が多数あり、 小さいながらも先が5裂している。その外周に、 小さな白い舌状花が2列に並ぶ。 頭花の外見は ヤブタバコ に似ているが、(ヤブタバコにはない)舌状花のあることの他に、 葯の下部が尾状にならず、 花柱の先が扁平なことなどが異なる。
総苞は広鐘形で、総苞片は長さ2ミリあまりで先が丸く、 3列に並ぶ。
長さ約3ミリの紡錘形のそう果ができる。 舌状花のそう果には先に小さな棒状の嘴がある。 冠毛はわずかにあるが、ほとんど見えない。

(2018/10/2)


茎は少し立ち上がった後、長い枝を3〜4本放射状に伸ばす。 (2018/10/2)


茎葉は長い楕円状披針形。 (2018/10/2)


冬期にはへら形の根生葉があるが、他の地上部は枯れている。 (2018/1/21)


葉腋に鐘形の小さな頭花をつける。 (2018/10/2)


開花しても花冠は黄緑色。総苞片は3列に並ぶ。 (2018/10/2)


冠毛があるが、目立たない。 (2018/10/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る