シナモンゼラニウム


双子葉、離弁花、 フウロソウ科、 ペラルゴニウム属、常緑(非耐寒性)、多肉質、 多年草(1年草、低木となるものもある)。 用語説明
花期:春〜夏 3月〜7月
高さ:約60センチ
寒さには弱い。 多肉質ではあるが、茎は通常の ゼラニウム ほど太くない。
葉は掌状に中裂し、裂片にはさらに切れ込みがあり、 縁にひだができる。 葉柄が長くて互生する。
葉腋からのびた花茎に、淡紅色の5弁花が咲き、 中心部に濃赤色の斑紋がある。 花弁のうち、上2枚は大きく、下3枚は小さい。 花にシナモンの香りがある。
刮ハができる。

花は淡紅色で、中心部に濃赤色の斑紋がある。 (2017/6/6)


葉は掌形で縁にひだがあり、葉柄が長い。 (2017/6/6)


茎はゼラニウムほど太くない。葉や茎に微毛がある。 (2017/6/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る