セイヨウアサガオ

西洋朝顔

双子葉、合弁花、 ヒルガオ科、 サツマイモ属、つる性、1年草(多年草もある)。 用語説明
花期:秋 9月〜11月
別名:ソライロアサガオ
アサガオ に似ているが、葉が心形、花が昼まで咲く、 晩秋まで咲く、 葉に毛がない、 などの違いがある。 冬に枯れる品種と、冬も葉のある品種がある。
つるは5〜6メートルにのび、Z巻き(右巻き、右肩上がり) で巻き付く(これは成長方向で見て左を内側にして巻きつくので、以前は左巻きと言われていた)。
葉は心形で葉柄が長く、互生する。葉にはほとんど毛がない。
蕾は葉腋に数個つき、 花は空色で、大きく開いた漏斗形であり、縁が浅く5裂する。 夜明けから昼すぎまで開いている。
球状の朔果は熟すと3つに割れ、黒い種子が数個出る。
熱帯アメリカ原産。

(2016/7/28)


葉は先が少し尖った心形で、基部が湾入する。(2016/7/28)


蕾は細長く巻かれており、葉腋に数個つく。(2016/7/28)


刮ハの萼の先は、アサガオの場合のように上を向くのではなく、横を向く。(2016/7/28)


刮ハが裂開すると、黒い種子が現れる。(2016/7/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る