オオアザミ

大薊

双子葉、合弁花、 キク科、 オオアザミ属、花は筒状花のみ、2年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:約1メートル。
別名:マリアアザミ
茎は直立し、縦筋がある。
葉に白い斑紋があり、大きな棘がある。 根生葉は大きくて羽状に浅裂し、 茎葉は小さくて茎を抱く。 斑紋をミルクが緑色の葉にこぼれてできた模様と見立てて、 マリアアザミともいう。
花期に枝を長くのばし、 その先に直径約10センチの淡紫色の筒状花のみからなる頭花を咲かせる。 各筒状花は5深裂する。 総苞片の先は大きな棘となっている。 花後には頭花が褐色となり、総苞が膨らんで大きくなる。
果実は黒褐色の楕円形のそう果で、淡褐色の冠毛がつく。
肝臓などに対する薬草として利用されている。
地中海沿岸原産。

(2015/5/6)


花は直径10センチぐらいと大きい。(2017/6/24)


葉には白い斑紋がある。(2015/5/6)


茎葉は茎を抱く。茎に縦筋がある。(2017/6/24)


総苞片の先は大きな棘となっている。(2015/5/6)


(2017/6/24)


(2016/5/5)


そう果ができつつある。(2017/6/24)


花茎は高く伸び上がる。(2017/6/6)


頭花も高いところで咲く。(2017/6/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る