オオアワダチソウ

大泡立草

双子葉、合弁花、 キク科、 アキノキリンソウ属 花は筒状花と舌状花をもつ。多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:0.5〜1.5メートル
茎は直立し、ほとんど無毛である。
葉は披針形で低い鋸歯があり、互生する。
茎先に小さい花を多数円錐状につける。 筒状花群の回りに舌状花があり、いずれも黄色い。
果実はそう果で、冠毛がある。
セイタカアワダチソウ に似ているが、それと比べて、背が少し低くて、茎や葉がざらつかず、 花穂の先が湾曲し、花期が2か月ほど早く、大群落とならない。
北米原産。



弓なりになった花序枝に小さくて黄色い花が多数咲く。(2016/7/27)


筒状花は1つの頭花に5〜6個しかない。(2016/7/27)


(2015/7/2)


茎は直立し、葉は披針形で互生する。(2015/5/6)


果実はそう果。


冠毛は淡褐色。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る