ノラボウナ

のらぼう菜

双子葉、離弁花、 アブラナ科、 アブラナ属、2年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:1.5メートル
セイヨウアブラナ の一種と見なされており、江戸時代初期から、 油をとるためや食用に栽培されていたようである。 耐寒性がある。
直立した茎から脇枝が出て上を向く。
下部の葉は基部が羽状に裂け、 先は広楕円形となって縁がやや波打ち、 定かでない低い鋸歯がある。 上部の葉は葉柄がなく、茎を深く抱いて互生し、 全縁の細長い三角状である。
秋に種まきすると、春に茎先から総状の花序を出し、 4弁の黄色い花を総の下から上へと順次咲かせる。
果実は長角果である。
食用とするときは、とう立ちした花茎や、 腋から出ている枝を手で折り取る。 折られてもまた新しい枝が出てくる。 長距離輸送には向かない。 種を絞ると菜種油がとれる。
アブラナ科の他の植物と違って、 他の種とあまり交雑しない。

(2016/4/15)


葉は羽状に切れ込み、葉柄が長い。(2017/3/30)


茎先に総状花序がつく。(2016/3/16)


下部の葉は基部が大根葉のように切れ込む。(2016/4/15)


上部の葉は茎を深く抱き、全縁で細長い三角状である。(2016/4/15)


春先にとうだちして、黄色い花を総状につける。(2017/3/30)


花は4弁。とうだちした茎を開花前に折り取って食べる。(2017/3/30)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る