ニリンソウ

二輪草

双子葉、離弁花、 キンポウゲ科、 イチリンソウ属、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:15〜25センチ
林縁や林内に生え、地下茎でふえて群落をつくる。
根生葉は長い葉柄の先で3全裂し、裂片はさらに2裂し、羽状に切れ込む。
15〜30センチの花柄の先に直径2センチの白い花をつける。 花弁のように見えるのは萼片で、普通は5枚ある。
一個所から2つの花柄が出ることが多いが、そうでないこともある。
花後に花径の先に黄褐色で卵形の果実のつくことがある。

識別点: トリカブトニリンソウ
 トリカブト:秋に紫色の花が咲く、茎が高くのびる、紡錘形の塊根をもつ。
 ニリンソウ:春に白い花が咲く、茎は低い、根茎が横に這う。



根生葉は3全裂したあとさらに2深裂して、羽状に裂ける。




茎先から細い花茎が2本立ち上がり、白い花を2つ咲かせる。


葉の表面に白い斑があることが多い。


白い花弁のように見えるのは萼片で、5枚か7枚ある。丸いのは蕾。




小さい卵形で黄色いそう果ができる。(2016/4/15)


よく見ると、小さい果実がいくつもできている。(2016/4/15)


(2017/5/2)


花後。(2015/5/1)


地下茎で群落を作る。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る