ニッコウアザミ

日光薊

双子葉、合弁花、 キク科、 アザミ属 花は筒状花のみ、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:1メートル。
ノハラアザミ の変種であるが、乾いたところに生えるのではなく、 標高の高い湿原に生え、茎や総苞に白毛がある、 などの違いがある。
茎は直立したのち上部で枝分かれする。 茎や総苞に白毛がある。
根際の葉は羽状に深裂する。 上部の茎葉は互生して茎をいだき、まばらに深裂し、裂片の先は針状にとがる。
枝先に紅紫色の頭花を数個上向きにつける。 総苞は粘らない。
そう果が実る。
日本固有種である。





双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る