ナガボノシロワレモコウ

長穂の白吾木香

双子葉、離弁花、 バラ科、 ワレモコウ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:0.8〜1.3メートル
ワレモコウ に似ているが、穂が白くてやや長い。
根生葉は柄のある奇数羽状複葉で全裂し、 小葉は長さ3〜8センチの広披針形で、鋭3角形の鋸歯がある。
枝先に長さ2〜7センチの円柱状の花穂がつき、 短いものは直立し、長いものは垂れ下がる。 花穂には小さな白い花が密生し、それには萼はあるが花弁はなく、 雄しべの花糸が長く突き出る。
果実はそう果。
関東以北と中国山地に隔離分布しており、 氷河期の生き残りと見なされている。
変種として、穂が赤みを帯びたものがあり、 ナガボノアカワレモコウと呼ばれる。

(2017/11/9)


細い茎が立上り、上部で分枝する。(2017/11/9)


花穂には白い小花が密生する。(2017/11/9)


雄しべが突き出す。葯は黒紫色。(2017/11/9)


葉は奇数羽状複葉で、小葉は広披針形で鋸歯がある。(2017/11/9)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る