ムラサキセンダイハギ

紫千代萩

双子葉、離弁花、 マメ科、 ムラサキセンダイハギ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:1〜1.5メートル
地下茎をのばし、 根元から多数の茎が直立し、少し分枝する。 耐寒性がある。
葉は3出複葉で互生し、小葉は3〜4センチの卵形〜倒被針形で、 裏面は軟毛があって白く、 基部には線状被針形の托葉が2枚ある。
葉腋から高く伸びる総状花序に、藍青色で蝶形の花を多数つける。
豆果は2〜3個の種子をもち、先がとがっており、 熟すと鞘が黒くなって裂開する。
北米原産。 センダイハギ は属の異なる別種の植物である。

(2015/5/10)


藍青色で蝶形の花が総状に咲く。(2015/5/10)


3出複葉が互生する。(2015/5/10)


(2016/4/29)


小葉は卵形〜倒被針形で、托葉が1対ある。(2015/5/10)


托葉は小さな披針形。(2017/6/24)


ふくらんだ豆果ができる。(2017/6/24)


豆果は熟すと黒くなる。


(2016/10/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る