ムラサキセンブリ

紫千振

双子葉、合弁花、 リンドウ科 、 センブリ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜11月
高さ:20〜50センチ
センブリ より丈が高く、花は淡紫色で、 苦みが薄く、薬効も劣る。
日当たりが良い所に生える。 長野県、神奈川県より西に多い。 図鑑によって、多年草との記述もあるが、 果実が実ると枯れるとの記述もある。
茎は四角柱で、根元で枝分かれして直立し、黒紫色を帯び、 上方で分枝する。
発芽時には楕円形の葉が短い間隔で対生する。 その後茎が伸びて、 茎葉は長さ2〜4センチの線状披針形で、柄はほとんど見えず、 対生する。
枝先や葉腋に淡紫色の花をつけ、花冠は5深裂する。 裂片は長さ約1.5センチあり、濃紫色の筋がある。 花冠の裂片の基部に蜜腺があり、そのまわりに細毛がある。 萼片は5枚、雄しべは5本あり、葯は暗紫色である。 雄性先熟で、開花時に葯が花粉を出し、 その後花柱の先端から柱頭が出てくる。
果実は紡錘形の刮ハで、先が2裂する。

(2017/10/31)


淡紫色の花冠が5深裂し、裂片に濃紫色の筋がある。(2017/10/31)


茎が濃紫色を帯びる。 (2017/10/31)


茎葉は線状披針形である。 (2017/10/31)


発芽後しばらくは楕円形の葉が短い間隔で対生する。 (2017/10/31)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る