モリアザミ

森薊

双子葉、合弁花、 キク科、 アザミ属、花は筒状花のみ、多年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:0.5〜1メートル。
太くて長い直根があり、茎は太くて直立する。
根生葉は葉柄が長く、羽状に裂け、花時にはなくなる。 茎葉は互生し、長さ15〜20センチの長楕円形で縁に棘があり、 あまり羽状に切れ込まないが、 上部になると羽状に切れこむことがある。
枝先に直径3.5〜4センチの赤紫色の頭花が直立する。 花は筒状花のみで、総苞は直径3〜4センチで、 総苞片は6〜7列あって、長くて先が棘状にとがり、粘らない。 外側の総苞片は平開するが、上部のは鉢のように斜め上に開く。
果実はそう果。
太い根を「ヤマゴボウ」という名で食用にする。

(2015/9/29)


頭花は筒状花のみで赤紫色。(2017/10/18)


総苞片は長くて先が棘状となる。そう果は淡褐色。(2015/9/29)


総苞片は、下部では垂れ下がり、中部では横に開き、上部では斜上する。 (2017/10/18)


蕾。上部の葉は披針形で棘が鋭い。 (2018/10/16)


中部の茎葉は長楕円形で鋸歯がある。(2015/9/29)


茎に短毛がある。(2017/10/18)


下部の葉には切れ込みがある。(2017/10/18)


根生葉は羽状に切れ込み、葉柄が長い。(2015/9/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る