マツバボタン

松葉牡丹

双子葉、離弁花、 スベリヒユ科、 スベリヒユ属、多肉質、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜9月
高さ:10センチぐらい
茎も葉も多肉質で柔らかく、乾燥に強い。 茎は横に這うように広がる。
葉は短い松葉のように細長く、互生するが、茎先の花の下では 輪生する。
枝先に紅、白、黄、ピンクなどの花を次々といくつもつける。 花弁は6枚ぐらいであるが、八重もある。 朝日差しが強いと開いて夕方にはつぼむ。 1日花であるが毎日新しい花が咲く。
キャップ状の蓋果が実り、種は非常に細かい。 種でも挿し芽でもふえる。
夜間に気孔を開いて二酸化炭素を蓄え、日差しの強い日中は 気孔を閉じて水分蒸発を防いで光合成するCAM植物 (ベンケイソウ型酸代謝光合成植物)。
ブラジル原産。

識別点: マツバボタンマツバギク
 マツバボタン:花弁が広く、寒さで冬は枯れる。
 マツバギク :花弁が細く、冬も枯れない。





八重の花。


色は赤、薄紅、黄など、多彩。(2015/9/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る