クサタチバナ

草橘

双子葉、合弁花、 ガガイモ科、、 カモメヅル属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:30〜60センチ
茎は株立ちして直立し、分枝しない。
(新しい分類ではキョウチクトウ科に含めるらしい。)
葉は5〜13センチのやや幅広の長楕円形で、先がとがり、 葉柄があって対生する。
上部の葉腋から出る花柄の先に、花冠が5深裂した 直径約2センチの白い花が散形状に多数咲く。 裂片は(タチバナに似て)細長い楕円形である。 雄しべと雌しべが合着してずい柱を作り、そのまわりを5裂した 白〜淡黄色の副花冠がとりまく。
果実は長さ4〜6センチの鉛筆キャップ状の袋果で、 秋に袋果が割れて毛のついた種子が出る。



花は白く、5弁で、雄しべと雌しべが合着し、その周りに複花冠がある。


葉は先の尖った楕円形で、全縁で対生する。(2016/4/29)






双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る