キクイモモドキ

菊芋擬

双子葉、合弁花、 キク科、 キクイモモドキ属、筒状花と舌状花をもつ多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:0.5〜1.5メートル
別名:ヒメキクイモ
キクイモ に似ているが、丈が低い、塊根がない、 葉はすべて対生、などの違いがある。
茎は直立して少し分枝し、短毛がある。
葉は尖った卵形であらい鋸歯があり、対生する。
頭花は枝先につき、直径5〜6センチで、 黄色い舌状花は8〜15個あり、八重咲きもある。 真ん中の橙色の筒状花部分が盛り上がる。 総苞は円錐形で、総苞片は2列に並ぶ。
舌状花は果実が熟すまで脱落しないで残る。
そう果には冠毛がない。
北米原産。
ヒメヒマワリとも呼ばれることがあるが、ヒマワリ属にヒメヒマワリと 呼ばれる草花があり、それとこれは属が違うので、 あまり適切な別名ではない。

葉はすべて対生し、鋸歯がある。(2016/7/28)


花は橙黄色で、中心部分が盛り上がる。(2016/7/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る