キジョラン

鬼女蘭

双子葉、合弁花、 ガガイモ科 または キョウチクトウ科、 キジョラン属、つる性、常緑、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:40〜80センチ
常緑樹林などに生え、つるでからむ。 基部は木質化する。
葉は直径約10センチの卵円形で、先が短くとがり、 全縁で、葉柄があって対生する。
葉腋から出る短い花径の散形花序に、 約4ミリの小さい黄白色の花をいくつもつける。 花は鐘形で先が5中裂し、裂片が 広がり始める喉部分に毛がある。 中央部には副花冠とずい柱がある。
長卵形で長さ23〜15センチの大きい袋果ができ、 縦に裂開すると長い白毛のある K褐色の種子が風にのって飛ぶ。 (この長い白い冠毛を髪を振り乱した 鬼女に例えて名づけされたという。)
茎や葉を傷つけると、有毒な白い乳液が出る。 アサギマダラ蝶の食草でもある。 アサギマダラの幼虫は、葉脈に溝を切って乳液の分泌を止めて食べると言われている。また、アサギマダラは体内に毒を蓄積しているので鳥に食べられないという説もある。

葉は丸くて深緑色。(2015/10/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る