キバナイカリソウ

黄花碇草、黄花錨草。

双子葉、離弁花、 メギ科、 イカリソウ属、夏緑、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:20〜40センチ
イカリソウ とよく似ているが、花が淡黄色であり、葉が2倍近く大きくて、 花も大きく、日本海側の山地に生える点などが異なる。 詳しくはイカリソウ参照。
茎は細くて直立し、上方で分枝する。
葉は2回3出複葉で葉柄が長く、 小葉は長さ5〜15センチのゆがんだ卵の形をしており、 鋸歯がある。
総状花序に淡黄色の4弁花が咲き、花弁は7〜8ミリあり、 距が長くて、花が錨の形をしている。

花が淡黄色。 (2017/4/22)


距が長くて花が錨の形となる。(2017/4/22)


(2017/4/22)


3出複葉の小葉は大きなゆがんだ卵形で、鋸歯がある。(2017/4/22)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る